トラックといえば昔からホワイトが不動の一

トラックといえば昔からホワイトが不動の一番人気です。


ところが、トラック以外で言えば査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。売り上げの高い色、イコール、需要の高い無難な定番色が買取の現場でも有利という訳です。
他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でもソリッド系に比べると査定に有利なようです。


また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が良い査定が得られると一般に言われています。ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。それより、来てくれるならいつでもという構えで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が良いに決まっています。価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。
中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきてストレスがたまって仕方ないこともあるでしょうが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。査定額の相場がわからないとそもそも価格交渉もできませんし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

大きな交渉事は焦らないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。月々のローンの返済がまだ残っている場合でも全く車の売却ができないということはありません。もっとも、車検証の所有者が売主であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。まだ名義がローン会社になっている場合は、残債を返済しきるまでの間は当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。つまり、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。
ただ、ローン会社の許可さえあれば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。



かといって車の価値がゼロ円だのといったわけではなく、まだ道は残されています。そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定して相応の値段をつけて引き取ってくれます。日常的に乗っている人がいなくなって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。



でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。
なので、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。
車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。



それから、あらかじめ車検を通してから売ることはさほど意味がないのでやめましょう。あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。
車査定の前に、車検証と自動車納税証明書を揃えておいてください。



車の内外を再度確認する必要もあります。

浅い傷だったら自分で直して、ピカピカにワックスをかけて、車内もしっかり掃除しましょう。

もしも、何か改造を行っていたら、できる限り、買った時のようにして、自分で買ったパーツではなく、純正のパーツに戻した方が有利になるでしょう。査定の少し前からタバコを吸わないなど、車内の臭いにも注意してください。中古車屋に車で行って査定してもらうつもりなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、予約は要りません。ただ、飛び込み査定のときは他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。従って市場相場を下回る値段で売ってしまう可能性もあるわけです。

同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。買取業者による査定を控えて、傷などを修理するべきかどうか判断に迷うこともあるでしょう。傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、直しておくにこしたことはありませんが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。

なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされてもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態で査定を受け成り行きに任せましょう。車の査定は走行した距離が少ない方がプラスの査定になります。走行距離が長ければ長いほど車がダメになっていくためです。

だからと言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。