愛車を売却しようとするときには、必要書類の

愛車を売却しようとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。



これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。
ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。
黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。それとは逆に赤や黄色などの原色系は好き嫌いがありますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングにより常に流動的なものですから、その時の流行によってある一定の色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。



普通、事故者とは、事故などで損傷した車全般を指すのですが、これは車査定の世界で広く使われる定義とは異なります。

中古車査定の場合には、交通事故などによって車の骨幹部分を交換しているか、改修したものが事故車と言う風に呼びます。
所有者の違う車を売却する場合、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。


一般的には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類が最低限いります。


あとは、所有者の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も用意する必要が出てくるのです。実際、自分の車を売る場合と比べると、少し面倒でしょう。現物査定を受ける場合、タイヤの摩耗などによって査定結果が変わってくるので、タイヤの状態はできるだけ良い方がベターだと言えます。


良い状態のタイヤでなくても、新しいタイヤに替える必要はありません。

タイヤを交換する方が割高なのです。

スタッドレスタイヤ、それに、社外アルミホイールをつけている場合、オークションに出して売った方が得をすると思ってください。


買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

しかし買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。


例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。
中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、しばしば起こりうる失敗です。
だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをいま一度はっきりさせておきましょう。

無償ではないことがわかれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。
一般的に、車買取業者の営業は総じてしつこいものです。



Googleなどで検索したら、業者名を指定して悪評判を公開している例もあり、随分と深刻なトラブルがあるのだと思われます。名指しされる業者名にいくぶん偏りがあるのは何か事情もありそうですが、大手になるほど利用者も多いですから、揉め事の件数も多くなるということでしょうか。
同業者でも担当者によって対応が左右されるので、運次第と言ってもいいかもしれません。
査定のプロである担当者には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、嘘をついてしまったという事実でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起きても何ら不思議はありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。



買取に出す車に傷がある場合、査定額で大きくマイナスになる場合が多いです。ですが、だからと言ってその傷を修復して買取してもらうのも良い手段とは言えません。


ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用の方が高くつくくらいですし、自分で頑張って修復したりすると却って査定額が下がってしまうケースは容易に想像できます。


無理に直して買取に出そうとは考えず、そのままの状態で買取査定を受けるのが結局得策でしょう。


買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。



手始めに査定サイトなどから申し込み、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。
そのあとで現物を業者から派遣された査定士が判定し、その業者が出せる査定額が決定します。提示額が不満なら交渉の余地があります。そしてOKなら正式に契約します。
契約締結後に車を業者に引き渡し、それから業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金の振込があります。

金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。