ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、よ

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、より高額な買取が可能なのは、もちろん、愛車の状態にもよりますが、買取額が高い可能性のある車査定を選ぶと良いでしょう。


なぜなら、ディーラーが行う下取りは標準査定価格を基にしていますし、さらに、購入する新車の値引き額を考慮した価格として提示されますから、交渉が難しくなり、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。

そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りより賢い選択だと言えるのではないでしょうか。私の愛車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かったので、買取で金額が付くとは思っていませんでした。ですので、新しい車を買った業者さんにそのまま無料で引き取ってもらいましたが、その引き取ってもらった車が後日、そこそこの値段を付けられて転売されているのを見ました。


こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと残念な思いで一杯です。この間、知り合いの中古車を扱っている業者の方に、長い間乗っていた車を査定してもらいました。

廃車寸前との結果で、値が付くのかどうか不安でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。

そして、その車は修繕され代車などのように生まれ変わるそうです。よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう少々の傷やへこみ等は、査定時に減額されないことが多いので、それ程気に病む必要はないといえます。

例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや明らかにへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で直しても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。普通の売買手続きで必要な書類に加え、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、かなり手間がかかると考えて間違いありません。Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問がしばしばあります。

妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。



実際には、名義人が家族や知人である場合は、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。名義がクレジット会社になっている車は売却できないため、査定を断られると思います。



完済して名義変更してからなら売却可能です。中古車買取業者が査定にあたって重視する点は、車の年式を中心に、走行距離や排気量、車検日がいつなのか、傷が無いのか、車内は綺麗か、というような事を重視するようです。



意外と盲点なのが、時期や季節です。新車種の発売前やモデルチェンジ前などには査定結果が良くなるそうなんです。こうした時期に一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、業者に査定を依頼する前に、洗車や車内清掃で出来るだけ綺麗にしておくと良いです。こうしたことが車を高く売るためのポイントだと言えますね。



これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくないと考える査定金額を査定士に示された時は、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。



自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。一番最初の見積金額では売れないと言うとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。
どうしても腑に落ちない価格だったら気にせずに断ってもOKなのです。査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、先方からこちらへ出張してもらうことも可能です。

買取を行っている店舗の多くは訪問査定には無料で対応してくれます。

ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。競争心が生じるわけですから、結果的に高額査定に結びつくのです。


車の査定を受ける時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。


査定の際、スタッドレスタイヤはマイナスとなるでしょう。もしも、状態が良いのであればスタッドレスタイヤも車とまとめて買い取ってもらえることもありえますが、すり減って溝がない状態になっていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。